はじめにスべきこと

会社設立に必要なものは、何でしょうか?
答える人によっては、色んな回答が返ってきそうですが、色んなものが必要なのは共通の理解でしょう。
まずは、授業員が働くためのスペースとして、事務所が必要でしょう。また、そもそも働くスタッフが必要だという人もいそうです。

ですが、忘れてしまいがちだけで大切なのは、勤怠規則を作ることです。
勤怠規則というと、なんだか事業とは直接関わりがないから、面倒がる人が多いのですが必要なことです。
どうして勤怠規則がそこまで重要なのかというと、勤怠規則こそがあとから入ってくる従業員の行動指針にもなるからです。

会社設立の時期は、どうしても忙しいですからついその忙しさにかまけて勤怠規則作りをサボってしまいがちです。
しかしながら、この規則作りをサボってしまうと、後々で痛い目にあってしまいます。
会社設立の段階は、まだ事業が始まっていないですから、忙しくても色んな準備と平行して作成することが可能です。

どうしても、自分たちだけでは作るためのノウハウがないというのなら、社会保険労務士に頼みましょう。
社外の社会保険労務士と協力して勤怠規則を作れば、あとで監督官庁に提出するときも、すんなりとパスできるものに仕上がります。
会社設立時は、どうしても時間も人もたりないでしょうから、社会保険労務士も社会保険労務士事務所に行って頼みましょう。

リンクサイト一覧

専門的な知識がなくても大丈夫。社会保険労務士なら千葉のこちらがおすすめです。的確なアドバイスをしてくれますよ。

Comments are closed.